シミに結果を出す!おすすめの美白美容液ランキング » シミ改善の強い味方!シミに効く成分大辞典

シミ改善の強い味方!シミに効く成分大辞典

美白効果を謳う美容液やサプリメントなどのパッケージに記載されている成分一覧を見ると、様々な成分名称が羅列しています。皆さんは、それぞれの成分にどんな効果があるのかご存知ですか?

CMや雑誌などで耳にしたことがある代表的な美白成分でも、詳しい効果は知らないという方もチラホラ…。

スキンケア用品選びで長時間迷ったあげく、肌に合わない商品を購入してしまった…なんて失敗から脱するためには、“どんな肌に良い成分で効果は何なのか”をきちんと把握しておきましょう。

シミやくすみ、そばかすなど、メラニン色素が原因で起こる肌の悩みに効果的な成分の情報を調査しました。代表的なシミに効く成分を9種類紹介しているので、シミのない美白肌を目指している方は参考にしてみてください。

アルブチン

アルブチンは敏感肌向けの美白成分です。刺激の強いハイドロキノンを安定化させたものなので、肌刺激が少ないのが特徴。

ハイドロキノンと比べると美白効果は低いですが、メラニン生成の過程をしっかり阻害してくれます。紫外線や肌摩擦が原因でできるシミやくすみの対策に持ってこいの成分です。

ビタミンC(ビタミンC誘導体)

ビタミンC誘導体は、美白を目指すうえで欠かせない成分です。単体で摂取するだけでもメラニン生成を抑制する効果がありますが、他の美白成分と合わせて摂取すれば相乗効果も生まれます。

肌細胞を劣化させる活性酸素や皮脂量までコントロールしてくれる優秀成分なので要チェックです。

ハイドロキノン

ハイドロキノンはアルブチンの約100倍の美白効果を持つ美白成分です。一般的なシミはもちろん、炎症後に起こる色素沈着や肝斑への効果も期待できます。

ただし、安定性は低いので肌刺激が少し強めです。ハイドロキノン配合美容液の正しい使い方や副作用に関する情報もまとめています。

トラネキサム酸

トラネキサム酸が働きかけるのは、紫外線を浴びた際に発生するシミです。メラニンを生成する細胞にシミができる情報が届くのをガードしてくれるので、シミができる前に摂取したい成分。

トラネキサム酸2%配合の製剤を使って肝斑が改善されたという研究結果も報告されています。

プラセンタエキス

プラセンタエキスの正体は、馬、豚、羊などの胎盤、または植物の胎座から精製水で抽出されたエキスです。プラセンタエキスには、アミノ酸やビタミンなど美肌を構成する成分がたっぷり含まれています。

摂取することで肌のターンオーバーが促進され、メラニン色素が蓄積した肌角質にサヨナラできる仕組みです。

マグノリグナン

マグノリグナンはカネボウ化粧品の研究によって美白効果が確認された成分です。アミノ酸をメラニンへと変えてしまう酵素「チロシナーゼ」の行動を抑制するのがマグノリグナンの働き。

チロシナーゼの量を減少させる作用もあるので、メラニンが原因のシミ、そばかす、くすみをまとめて予防できます。

カモミラET(カミツレエキス)

カモミラET(カミツレエキス)は、キク科・カモミールの花や茎、葉から抽出されたエキスをもとに作られた美白成分です。

カモミラET(カミツレエキス)を摂取すると、紫外線を浴びたことをメラニン生成細胞に伝える物質をブロックしてくれるので、夏場でもシミやそばかすができにくい体質を目指せます。

L-システイン

Lシステインはメラニン生成細胞への情報伝達指示をブロックする作用や、アミノ酸をメラニンに変えてしまう酵素の働きを抑制する作用、肌代謝を促進してターンオーバーさせる作用などを持つ優秀な美白成分です。

10代のうちは体内でLシステインがたっぷりと作られるので自然とシミを防げますが、年を重ねるごとにLシステインの生成量は減少します。シミなし美白肌を目指すなら、体外から積極的にLシステインを摂取していきましょう。

ビタミンE

ビタミンEはビタミンCと合わせて摂取することで相乗効果を生む美白成分です。肌代謝を整えたビタミンEをビタミンCが回復させてくれる仕組み。

シミに直接アプローチする働きは持っていませんが、ビタミンCとセットで長期間摂取し続けることでシミやくすみを薄くすることができます。

そのほかシミに効く成分

そのほかシミに効果的な美白成分エラグ酸とルシノール(R)の情報をまとめました。

エラグ酸

天然美白成分エラグ酸のシミへの効果

エラグ酸はイチゴやブルーベリーなどに含まれている美白成分です。植物性ポリフェノールの一種で、シミに大きく影響する酵素「チロシナーゼ」の働きを抑制してくれます。

チロシナーゼは肌刺激や紫外線の影響で発生した銅イオンを取り込んで活性化し、チロシンというアミノ酸をメラニン色素へと変えてしまう酵素です。

エラグ酸は、チロシナーゼの中に取り込まれた銅イオンを取り除いて働きを抑制してくれるので、必然的にメラニン生成量を抑えられる仕組み。ポリフェノールの一種なので、小じわやたるみに対する抗酸化作用も期待できます。

また、エラグ酸にはガンの発生率を減らす、心臓病の予防や尿酸値(血液中の尿酸濃度)を下げるなどのデータもあり、日々研究が進められているとのこと。

エラグ酸は天然由来の成分なので基本的に副作用の心配はありません。食事で摂取することもできますが、スキンケア用品にも配合されています。

美白成分エラグ酸配合の美容液

  • シュウウエムラ/ホワイトエフィシエントエッセンス
  • アレクサンドルドゥパリ/ブランルネシアセラムM-リリース
  • シャルレ/エタリテトリプルホワイトニングフォース
  • アスカ/ビューティーミッションゴールドコラーゲンプレミアムホワイトAuレイズエッセンシャル

ルシノール(R)(4-n-ブチルレゾルシノール)

美白成分ルシノール(R)のシミへの効果

ルシノールはポーラ化粧品が約10年の歳月を費やして開発した成分です。ルシノールの正式化学名称は「4-n-ブチルレゾルシノール」で、美白有効成分として厚生労働省の認可を受けています。

ルシノールの働きは、他の美白成分とは異なる方法でシミの原因酵素「チロシナーゼ」の働きを阻害すること。

メラニンの元となるチロシンとチロシナーゼの結合をブロックするのではなく、チロシンより先にチロシナーゼと結合するのがルシノール特有の阻害方法です。

これはチロシンと構造が良く似ているルシノールならではの働きで「メラニンロック機能」と呼ばれています。

働きが似ている美白成分として「アルブチン」が挙げられますが、浸透性はルシノールのほうが高いのが特徴。アルブチンと比べて約400倍もの効果があるそうです。

また、肝斑に悩む女性60名以上を対象にしたルシノール配合スキンケア製品の臨床試験では、6ヶ月間の使用で8割以上の対象者が効果を認めたと報告されています。

美白成分ルシノール(R)配合の美容液

  • ホワイトショット/ホワイトショットCX
  • ホワイトショット/クリアセラム
  • エクイタンス/ホワイトロジーエッセンスW