アルブチン

アルブチンは、シミへの効果があるといわれているハイドロキノンの糖誘導体のことで、美白化粧品に配合されている最もメジャーな成分です。美白アイテムに欠かせないアルブチンについて、詳しく説明していきます。

美白成分アルブチンのシミへの効果

美白効果のある成分はたくさんありますが、その中でもアルブチンの効果は非常に高く、厚生労働省にも認可されています。アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖が結合してできた物質で、化学的な構造はハイドロキノンにかなり似ています。

では、そのアルブチンにシミ・そばかす改善の効果が期待できるのはなぜなのでしょうか?シミやそばかすの原因となるメラニン色素は、アミノ酸の一種であるチロシンが酵素チロシナーゼと結びついたものです。

アルブチンはこの酵素チロシナーゼに働きかけて、メラニン色素の生産を抑制するため、シミやそばかすを改善する美白効果があるというわけなのです。

美白成分アルブチンの種類

美白成分アルブチンには、α-アルブチンとβ-アルブチンの2種類が存在します。

α-アルブチン

αアルブチンは、2002年頃から化粧品に配合されるようになった成分。お菓子でお馴染みの会社江崎グリコとスイスで医薬品を製造しているペンタファーム社によって共同開発されました。

αアルブチンの特徴は肌馴染みの良さ、そして肌への浸透率・定着度が安定しているところ。肌トラブルを起こしにくいので敏感肌で悩んでいる女性におすすめです。

美白作用はβ-アルブチンの約10倍。効果が高い分、α-アルブチンが含まれている美容液はβ-アルブチンが含まれている美容液よりも高額になるケースが多いようです。

β-アルブチン

β-アルブチンは1989年に資生堂が開発した美白成分です。開発してから長い年月が経った現在は資生堂の特許が切れ、様々な美容液に配合されています。

成分名に「アルブチン」とだけ記載されている美容液は、β-アルブチンを指すことがほとんど。お手頃価格でゲットできることがほとんどですが、α-アルブチンと比べると美白効果は劣ってしまうようです。

特徴を比べてみると分かるように、同じ「アルブチン」でも種類によって美白効果や手に入れやすさが異なります。

アルブチン配合の美白化粧品を購入の際は、値段と効果のどちらを重視するか決めてから、配合されているアルブチンの種類を確認しましょう。

美白成分アルブチン配合の美容液

α-アルブチン配合の美白美容液

  • DHC/Fエッセンス
  • リベラータ/モイスチャーエクセレントセラム
  • アルソア/ヌクォルセルエッセンス
  • ブランブラン/ブリリアントエッセンス

β-アルブチン配合の美白美容液

  • ちふれ/美白美容液W
  • エクサージュ/エクサージュホワイトホワイトネスソリューションEX
  • オルビス/エクセレント・ホワイトエッセンス
  • ハウスオブローゼ/ホワイトニングスポットエッセンスAR
  • ボーテドコーセーホワイトサクシード/セラムCR

アルブチン配合の美白美容液の使用方法

アルブチンを含む美容液は「シミができる前に塗布する」というのが正しい使用方法です。アルブチンの基本作用は、紫外線をブロックしてメラニンの生成を防ぐこと。

つまり、既にできてしまったシミに塗っても、すぐに消すことは難しいのです。ただし、薄いシミの場合はビタミンCと合わせて使用することでターンオーバーを促進できます。

アルブチン配合の美白美容液の副作用

アルブチンは数ある美白成分の中でも比較的アレルギー反応や肌荒れなどの副作用が起こりにくい成分です。

ただし、アルブチンのベースは「ハイドロキノン」なので、過去にハイドロキノンを使用してアレルギーを引き起こしたことがある方は注意が必要。心当たりがある方は、念のためにパッチテストを受けることをおすすめします。

また、敏感肌の方も同様にパッチテストを受けておいた方が良いでしょう。アルブチンを含む美容液の中には、自然由来のアルブチンを使用している商品と合成のアルブチンを使用している商品があります。

合成のアルブチンは美白効果や安定性が高められていますが、肌への刺激も強められている可能性が高いです。炎症・乾燥が起こりやすい肌質の方は使用を避けた方が良いでしょう。

天然由来のアルブチンが含まれている商品の中で高い美白効果が期待できるのは、アルブチンの働きを助けてくれるビタミンC誘導体が配合された美容液です。