マグノリグナン

マグノリグナンは、カネボウ化粧品が開発した美白成分です。開発したカネボウ化粧品によると、開発には13年もの歳月がかかったとのこと。

医薬部外品として承認を受けたのは2005年。カネボウ化粧品以外の化粧品に配合されるようになってからはまだ日が浅い美白有効成分です。シミへ期待できる効果、マグノリグナンが含まれる美容液、使用方法や副作用をまとめているので、ご参考ください。

美白成分マグノリグナンのシミへの効果

美白効果で注目を集めているマグノリグナンは、カネボウ化粧品の研究によって従来の美白成分とは異なる働きを持つことが確認されている成分です。

一般的な美白成分は、シミの原因メラニンの生成量や色素沈着にアプローチするのに対して、マグノリグナンはチロシンというアミノ酸をメラニンへと変えてしまう酵素「チロシナーゼ」に直接働きかけるのが特徴。

本来血中に含まれているチロシナーゼはメラノソームという細胞内小器官に移動して、チロシンをメラニンへと変えてしまいます。マグノリグナンには、チロシナーゼがメラノソームに移動するのを防いだり、チロシナーゼの量を減少させたりする働きがあるとのこと。

メラニンを発生させるメカニズムを根本から断つアプローチ方法で、メラニンが原因のシミやそばかす、くすみを予防してくれますよ。

また、皮膚科専門医が行なった臨床試験データによると、マグノリグナン配合のスキンケアアイテムはシミだけではなく肝班にも効果があると確認されています。

マグノリグナンの別名は、「フェノール性二量体」。ポリフェノールの一種です。 チロシナーゼに直接働きかけることでメラニンの色素沈着を抑制する作用は、これまでの美白成分とは異なる新しい美白メカニズムです。

フェノール性二量体化合物はなかなか医薬品などに応用されていなかったが,2006年にカネボウからmagnolignanが開発された。作用としては,メラニン生成反応を促進する酵素であるチロシナーゼを直接阻害するのではなく,チロシナーゼタンパク質の成熟阻害という新しいメカニズムに基づき美白作用を示すと報告されている.このようにフェノール性二量体化合物には,単量体と違う新しい作用を持つ可能性がある.

出典:(PDF) 『フェノール性二量体の抗酸化活性と抗菌活性』YAKUGAKU ZASSHI,128(8)2008 [PDF]

実際に、マグノリグナンを配合した製剤が紫外線によるお肌への色素沈着をどれだけ抑制できるかを調べた実験では、次のような結果が報告されています。

マグノリグナン®(5,5'-ジプロピル-ビフェニル-2,2'-ジオールC18H22O2,MW=270.3)を0.5%配合した製剤の紫外線による皮膚の色素沈着に対する抑制効果を評価する目的で,健常人43名を対象にプラセボ製剤との比較連用試験(3週間)を実施した。〜中略〜0.5%マグノリグナン®配合製剤外用部の皮膚所見はプラセボ外用部に比較して,有意に色素沈着が軽度であった。また,分光測色計による皮膚色測定では,0.5%マグノリグナン®配合製剤の外用部位はプラセボ外用部に比較して,3週間目のΔL値が有意に高値を示した。他方,本試験では色素脱失,皮膚刺激などの副作用は全くみられず,0.5%マグノリグナン®配合製剤の高い有用性が実証された。以上より,0.5%マグノリグナン®配合製剤は高い安全性と紫外線照射により生成されるヒト色素沈着に対する抑制効果が明らかであり,「メラニン生成を抑え,しみ・そばかすを防ぐ」効能が実証された。

出典: 『マグノリグナン®(5,5'-ジプロピル-ビフェニル-2,2'-ジオール)配合製剤の紫外線により生成される色素沈着に対する抑制効果』西日本皮膚科,68(3)2006

マグノリグナンによる、肝斑の改善効果に関する研究レポートは、2006年に日本の医学誌に発表されています。この論文によれば、顔面に肝斑などで色素沈着を起こしていた女性51名を対象にマグノリグナンを配合した外用薬を半年間使用。その後の肝斑や色素沈着の改善度合いを調査したそうです。すると、使用開始1ヶ月目あたりから、肝斑などの改善が見られ始めたそう。さらに、実験に参加した被験者からは、使用感などが高評価だったそうです。

0.5%マグノリグナン®(5,5'ジプロピル-ビフェニル-2,2'-ジオール;C18H22O2,MW=270.37)配合製剤の長期外用による顔面の色素沈着に対する改善効果を評価する目的で,6ヵ月間の連用試験を実施した。顔面に肝斑など色素沈着症を有する女性患者51名を被験対象とし,顔面の色素沈着を中心に0.5%マグノリグナン®配合製剤を6ヵ月間外用した。0.5%マグノリグナン®配合製剤外用部では,使用開始1ヵ月目から肝斑などにおける色素沈着の強度および面積の有意な改善を確認した。

出典: 『マグノリグナン®(5,5'-ジプロピル-ビフェニル-2,2'-ジオール)配合製剤の肝斑など色素沈着症に対する改善効果』西日本皮膚科,68(3)2006

美白成分マグノリグナン配合の美容液

  • インプレスIC/ホワイトリターナジーa
  • 赤い美白(ブランシール)/ホワイトニングコンクルージョン
  • リサージホワイト/スキンメインテナイザーOD

マグノリグナンを含む美白美容液の使用方法

マグノリグナン配合の美容液を使用する際、ボトルは日陰で保管しながら、なるべく早く使い切るようにしましょう。マグノリグナンに限らず、美容液は日光に当たると酸化・劣化が早まります。酸化・劣化した美容液を肌に塗布すると、シミが大きくなったり、色濃くなったりする可能性があるので注意が必要です。

また、マグノリグナン自体は安全性の高い成分ですが、体質や肌質によっては合わない場合もあります。

「安全性の高い化粧水だから大丈夫」「一時的な症状ですぐに治まるはず」と安易に考えていると、治すのが難しい顔面黒皮症になってしまう恐れがあるので、肌に異変を感じた際は速やかに使用を中断してください。

一緒に使うことによって相乗効果の見込める成分

マグノリグナンのように、美白美容液の有効成分として開発された成分は数多くあります。

例えば、メラニン生成に関わる酵素、チロシナーゼの働きを抑制する酵素としていち早く発見・開発され、使われててきたのが、コウジ酸やアルブチンと呼ばれる成分です。いずれも厚生労働省から美白成分としての認可を受けています。

他にも、アスコルビルグルコシドやエラグ酸、カモミラET、アスコルビルエチルなどたくさんの美白成分があります[1]。こうした成分は、マグノリグナンとはまた違ったメカニズムでメラニン生成を抑制することがわかっています。また、抗酸化作用のあるビタミンCを安定性・吸収性を高めて造られたビタミンC誘導体も美白作用を持つ成分として知られています[2]。一緒に使うことで、さらに相乗効果が見込めると言えるのではないでしょうか。

[1]

出典:(PDF) 『香粧品の有効性の歴史的変遷』日本香粧品学会誌,39(4)2015[PDF]

[2]
出典: 『ビタミンC誘導体のイオントフォレーシスによる色素斑に対する臨床効果』皮膚の科学,4(3)2005

アスコルビルグルコシド

アスコルビルグルコシド(L-アスコルビン酸 2-グルコシド)は、数あるビタミンC誘導体の中の一つです。
大手化粧品メーカー、資生堂が1994年に医薬部外品として申請・承認された成分で、メラニン生成抑制効果がある成分として以来美白化粧品などに多く用いられてきました。

ビタミン C(アスコルビン酸)は,酸素および活性酸素あるいは,その反応物質と容易に化学反応(酸化還元反応)を起こし,相手を還元することがその役割である.〜中略〜我々は安定・持続型のビタミン C 誘導体(AA -2G)の創製に成功
した.AA - 2G は 1994 年には,医薬部外品(美白化粧品)として,2004 年には食品添加物として厚生労働省によりその使用が許可されるに至った.

出典:(PDF) 『安定・持続型ビタミンCの発明から大学発ベンチャーの立ち上げと保健機能性食品の誕生までの道程』日本薬理学雑誌,132(3)2008 [PDF]

もともとビタミンCには、メラニン生成抑制作用があることが知られています。このビタミンCを安定化させ、化粧品に応用したのがアスコルビルグルコシドなのです。
ただ、最近ではアルブチンやハイドロキノンといったアスコルビルコシドよりも高いメラニン生成抑制作用を持つ成分の開発も進んでいます。

エラグ酸

エラグ酸は、チロシナーゼと言って、メラニン作る元となる酵素の活性化を抑える成分です。ポリフェノールの一種で、ザクロ果汁などに含まれています。エラグ酸には美白作用だけでなく、アンチエイジング作用、糖尿病予防など様々な有用性があることがわかっています。

日光の関与によって発症した色素沈着の脱色素効果について,近年メラニン生成機序が明らかになるに伴い,数多くの有効成分が報告されている。一般には,メラニン生成能を抑制する目的で,全身的にはグルタチオンやアスコルビン酸が投与されている。また,局所的にはハイドロキノン,コウジ酸,アルブチン,エラグ酸などが報告されている。
これらのうちアルブチン,コウジ酸,エラグ酸といった化合物は,いずれも,チロシナーゼ等のメラニン合成関連酵素により触媒されるメラニン合成反応経路を阻害することで色素沈着の形成を抑制すると考えられている。

出典:(PDF) 『カミツレエキスの紫外線誘導色素沈着に対する抑制効果』皮膚,41(4)1999 [PDF]

実際にエラグ酸を配合した製剤が、お肌の色素沈着に対してどの程度改善効果を示すかを調べた実験では次の通り、1ヶ月で有意な改善効果が見られたことが報告されています。

エラグ酸を有効成分とする製剤を, 肝斑, 炎症後色素沈着, 雀卵斑, 老人性色素斑を有する女性70名を対象に, 1~3ヵ月連続使用した。その結果, 本製剤の有用性は, やや有用以上が, 肝斑では73.3%(11/15), 炎症後色素沈着では95号8%(23/24), 雀卵斑では33.3%(6/18), 老人性色素斑69.2%(9/13) で, 雀卵斑以外は使用1ヵ月で有意に改善効果が現れた。

出典: 『色素沈着症に対するエラグ酸配合製剤の有用性評価』皮膚,43(4-5)2001

カモミラET

カモミラET(カミツレエキス)は、カミツレ(カモミール)から抽出された成分で抗炎症作用や抗酸化作用、抗菌作用などがある成分として多くの基礎化粧品で使用されています。
肌は、日光に当たるとエンドセリンという物質が「メラニンを作るように」という指令を出し、細胞内でメラニンの合成を促進します。カモミラETはこの作用をエンドセリンの働きを抑制することで、シミの元となるメラニンの生成を抑制します。

実際に、カモミラETが色素沈着を抑制するかどうかを調べた実験では、紫外線による色素の沈着を、カモミラETが抑制していることが明らかになっています。

0.5%カミツレエキス配合クリームの紫外線による色素沈着に対する効果を, カミツレエキスを除いたプラセボクリームとの比較において評価した. 健常人男性22名の上腕内側部に2MED (minimalerythema dose, 最少紅斑量) の紫外線Bを含む人工紫外線を照射し, 照射直後から0.5%カミツレエキス配合クリームもしくはプラセボクリームを1日2回塗布し, 紫外線照射後1, 2, 3週目に誘導された色素沈着の比較検討をおこなった. その結果, 紫外線照射後1週目及び2週目において, 各試験試料塗布部位の肉眼判定による4段階黒化度評価, 相対的な黒化度比較, および色差測定のいずれの判定法においても, 0.5%カミツレエキス配合クリームには, プラセボクリームに対して有意に黒化度を下げる効果が観察され, 紫外線による色素沈着に対する抑制作用を有することが確認された.

出典:(PDF) 『カミツレエキスの紫外線誘導色素沈着に対する抑制効果』皮膚,41(4)1999 [PDF]

アスコルビルエチル

ビタミンC誘導体の中でも、美白作用が高いと言われているのが、アスコルビルエチル(VCエチル)です。成分表示名称が改正されて、新しく発売されたコスメなどには「3-O-エチルアスコルビン酸」と表記されていることもあります。

チロシナーゼの活性を抑制して、メラニンが生成されないように働きかけてくれるビタミンC誘導体であるアスコルビルエチル。肌に塗った直後にビタミンCが肌に現れるため、持続性と即効性を兼ね備えた成分として多くのコスメで使われるようになりました。加えて、抗酸化作用などもあるとされています。

AA-2PはAA-2Gはそれぞれ生体内でホスファターゼやαグルコシダーゼにより加水分解され、AsAとなってビタミンC(VC)活性を発揮するプロVC剤である。それに対して3-O-エチルアスコルビン酸は,それ自身の作用として抗酸化,特にラジカル補足や脂質過酸化防止を狙って開発されたものである.

出典:(PDF) 『2-O-置換型アスコルビン酸誘導体の抗酸化特性』ビタミン,87(2)2013 [PDF]

ここまで見てきたように、ビタミンC誘導体にはアスコルビルエチルや、アスコルビルグルコシド(L-アスコルビン酸 2-グルコシド)などいろいろなタイプがあることを知らない方は意外と多いかもしれません。

マグノリグナンを含む美白美容液の副作用

マグノリグナンは、モクレン科の木の樹皮から抽出された天然のポリフェノールを安定化させたものです。美白成分の中でも安全性は高く、重篤な副作用はこれまでに報告されていないとのこと。アレルギー体質や敏感肌の方でも、比較的安心して使用できるでしょう。

ただし、まったく副作用がない成分というのは存在しません。ごくまれに、マグノリグナンが合わない肌質の方は、かぶれてしまうこともあるようです。もしかぶれてしまった場合は皮膚科医に相談しましょう。