マグノリグナン

マグノリグナンは、カネボウ化粧品が開発した美白成分です。開発したカネボウ化粧品によると、開発には13年もの歳月がかかったとのこと。

医薬部外品として承認を受けたのは2005年。カネボウ化粧品以外の化粧品に配合されるようになってからはまだ日が浅い美白有効成分です。シミへ期待できる効果、マグノリグナンが含まれる美容液、使用方法や副作用をまとめているので、ご参考ください。

美白成分マグノリグナンのシミへの効果

美白効果で注目を集めているマグノリグナンは、カネボウ化粧品の研究によって従来の美白成分とは異なる働きを持つことが確認されている成分です。

一般的な美白成分は、シミの原因メラニンの生成量や色素沈着にアプローチするのに対して、マグノリグナンはチロシンというアミノ酸をメラニンへと変えてしまう酵素「チロシナーゼ」に直接働きかけるのが特徴。

本来血中に含まれているチロシナーゼはメラノソームという細胞内小器官に移動して、チロシンをメラニンへと変えてしまいます。マグノリグナンには、チロシナーゼがメラノソームに移動するのを防いだり、チロシナーゼの量を減少させたりする働きがあるとのこと。

メラニンを発生させるメカニズムを根本から断つアプローチ方法で、メラニンが原因のシミやそばかす、くすみを予防してくれますよ。

また、皮膚科専門医が行なった臨床試験データによると、マグノリグナン配合のスキンケアアイテムはシミだけではなく肝班にも効果があると確認されています。

美白成分マグノリグナン配合の美容液

  • インプレスIC/ホワイトリターナジーa
  • 赤い美白(ブランシール)/ホワイトニングコンクルージョン
  • リサージホワイト/スキンメインテナイザーOD

マグノリグナンを含む美白美容液の使用方法

マグノリグナン配合の美容液を使用する際、ボトルは日陰で保管しながら、なるべく早く使い切るようにしましょう。マグノリグナンに限らず、美容液は日光に当たると酸化・劣化が早まります。酸化・劣化した美容液を肌に塗布すると、シミが大きくなったり、色濃くなったりする可能性があるので注意が必要です。

また、マグノリグナン自体は安全性の高い成分ですが、体質や肌質によっては合わない場合もあります。

「安全性の高い化粧水だから大丈夫」「一時的な症状ですぐに治まるはず」と安易に考えていると、治すのが難しい顔面黒皮症になってしまう恐れがあるので、肌に異変を感じた際は速やかに使用を中断してください。

マグノリグナンを含む美白美容液の副作用

マグノリグナンは、モクレン科の木の樹皮から抽出された天然のポリフェノールを安定化させたものです。美白成分の中でも安全性は高く、重篤な副作用はこれまでに報告されていないとのこと。アレルギー体質や敏感肌の方でも、比較的安心して使用できるでしょう。

ただし、まったく副作用がない成分というのは存在しません。ごくまれに、マグノリグナンが合わない肌質の方は、かぶれてしまうこともあるようです。もしかぶれてしまった場合は皮膚科医に相談しましょう。