シミに結果を出す!おすすめの美白美容液ランキング

本気のシミ対策のために、美白成分&美容液を徹底リサーチしました

第一位

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
トライアルキット4品/1,890円
最強のシミ美白成分、新安定型ハイドロキノンを高濃度配合したドクターズコスメ。敏感肌も安心な低刺激処方なのに、メラニン生成時に働くチロシナーゼ酵素の抑制力は一般的美白成分の約100倍!

販売サイトはこちら

第二位

ポーラ ホワイトショットCX


ポーラ ホワイトショットCX

ポーラが長い年月をかけて開発した美白成分ルシノール(R)を配合。エイジングにごりの原因「黒ずみ」と「黄ばみ」に着目した美容液。ビタミンC誘導体も配合し、肌の奥の真皮層でメラニン色素の生成を抑制します。

販売サイトはこちら

第三位

コスメデコルテ ホワイトロジストスポッツコンセントレイションEW

コスメデコルテ ホワイトロジストスポッツコンセントレイションEW
美白有効成分コウジ酸を保湿成分と合わせた「コウジ酸EW」を開発。肌にすばやく浸透し、シミが生成されるプロセスを無効に。
早いタイミングでシミにアプローチ、メラニン生成を根本からストップさせます。

販売サイトはこちら

ルシノール(R)

ポーラ化粧品が開発した、シミに効果があるといわれる美白成分「ルシノール(R)」。

実は「ルシノール(R)」というのは商標名で、正式な化学名は「4-n-ブチルレゾルシノール」といいいます。

POLA開発の美白成分「ルシノール(R)」のシミへの効果とは?

ルシノールは、シミの原因となるチロシナーゼの働きを阻害する働きをして、メラニンの生成を抑制してくれます。

メラニンを生成するチロシナーゼとチロシンの構造は、鍵と鍵穴のような仕組みになっており、それがピッタリ合わさることでメラニンが生成され、シミになってしまいます。

ここで活躍するのが、美白成分ルシノールです。

ルシノールは、チロシンと似た構造をしているため、チロシナーゼとピッタリ合体することができるのです。

つまり、チロシンとチロシナーゼが合体する前に、ルシノールがチロシナーゼと合体してしまえば、メラニン生成を妨げることができるというわけです。

これを「メラニンロック機能」といいます。

このメラニンを抑制する働きは、美白成分「アルブチン」や「コウジ酸」にも似ているのですが、両者に比べてお肌への浸透性が高いところがポイントです。

浸透性が高いことによって、チロシナーゼの働きを阻害する効果は、コウジ酸の約5倍・アルブチンの約400倍の効果があるといわれています。

また、臨床試験により、肝斑への効果も認められています。

この実験の内容は、肝斑に悩む女性60名以上を対象に、ルシノールを配合したスキンケア製品を6ヶ月間使用するというものです。

その結果として、6ヶ月間使用後のアンケートでは、「やや効果がある」と答えた人が全体の約80%、「非常に効果がある」と答えた人は全体の約15%という結果になったそうです。

ルシノールの開発には約10年の歳月を費やしたそうですが、厚生労働省に認可され、今ではしっかりと実力が証明されています

POLAの美白効果は評価もとても高いですが、それを支えているのもこの美白成分「ルシノール」があってこそと言っても過言ではないでしょう。

美白成分「ルシノール(R)」配合の人気美容液

  • ホワイトショット/ホワイトショットCX
  • ホワイトショット/クリアセラム
  • エクイタンス/ホワイトロジーエッセンスW

 

シミにとっておきの美容液!美白Navi

化粧品選びのためのシミ&美白の基礎講座

シミに即効性が期待できる美白美容液を比較

シミ改善に強い味方!美白成分大事典