ビタミンC(ビタミンC誘導体)

こちらでご紹介するビタミンC誘導体は、ビタミンCの弱点をカバーし、医薬部外品として販売できる美白有効成分。ビタミンC誘導体のシミへの効果について、詳しく解説していきます。

美白成分ビタミンC誘導体のシミへの効果

一般的に良く知られているビタミンCとビタミンC誘導体は異なる成分だということをご存知ですか?シミのない美白肌を目指すためには、ビタミンCとビタミンC誘導体の違いを知っておく必要があります。

皆さんもご存知の通り、ビタミンCは美白に欠かせない成分です。しかし、「空気に触れると酸化してしまう」「水に溶かすと活性を失う」「肌に吸収されにくい」などの弱点を持っています。

ビタミンC誘導体は、これらの弱点をカバーするために改良された成分のこと。肌内部にしっかり浸透してメラニン色素の生成を抑制してくれるので、シミやくすみのない美白肌へと導いてくれます。

また、活性酸素の発生を制御しながらコラーゲンの生成を促してくれるので、ぷるぷるのツヤ肌を目指せますよ。ビタミンC誘導体には消炎症作用や皮脂分泌をコントロールする作用もあるので、ニキビ肌やニキビ跡で悩んでいる人にもおすすめです。

美白成分ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体には複数の種類が存在します。成分一覧に記載される名称と特徴を性質別にまとめているので参考にしてみてください。

水溶性ビタミンC誘導体

【特徴】浸透力、肌刺激、安定性が高い

  • リン酸-Lアスコルビン酸Na
  • リン酸-L-アスコルビン酸Mg
  • アスコルビン酸グルコシド
  • ビスグリセリルアスコルビン酸
  • エチルアスコルビン酸など

油溶性ビタミンC誘導体

【特徴】即効性はないが持続性や保湿力が高い

  • テトラヘキシルデカン酸アスコビル
  • テトライソパルミチン酸アスコビル
  • ビタミンCエステル
  • ジパルミチン酸アスコルビル
  • ステアリン酸アスコルビルなど

肌トラブルが起きやすい方は水溶性ビタミンC誘導体を、乾燥肌の方は油溶性ビタミンC誘導体を選ぶと良いでしょう。

美白成分ビタミンC誘導体配合の美容液

  • アンプルール/ラグジュアリーホワイト薬用アクティブフォーミュラ
  • アスタリフト/ホワイトニングエッセンス
  • トリニティーライン/パワリフトポア
  • ハーバー/薬用ホワイトレディ
  • VC×100/フューチャーセラム
  • ラボラボ/C-ホワイトエッセンス

ビタミンC誘導体を含む美容液の使用方法

ビタミンC誘導体配合の美容液を使用する際は、「夜に使用する」「早く使い切る」という2つの約束を守りましょう。

ビタミンCはもともと酸化しやすい成分です。いくら手が加えられているビタミンC誘導体と言えど、紫外線を浴びると酸化してしまう恐れがあります。どうしても朝使用したいという方は、紫外線対策を徹底して行ないましょう。

また、ボトル内の美容液が酸化してしまわないように、開封したら美容液はなるべく早く使い切るのがベターです。日差しが当たらない場所で保管するのも忘れないようにしてくださいね。

ビタミンC誘導体を含む美容液の副作用

美白効果の高い高濃度なビタミンC誘導体ほど、肌に塗る際にピリピリとした刺激が生じます。皮脂分泌をコントロールする力が強すぎるものは、乾燥肌になる副作用も考えられるでしょう。

そのため、ビタミンC誘導体配合の美容液を使用する際は、なるべく低刺激のものを選ぶのがおすすめです。試供品で様子を見てから肌と相性の良い美容液を選べば失敗しにくいですよ。

美白成分ビタミンC誘導体配合の医薬品

  • 京都薬品ヘルスケア/ミルセリンホワイトNKB
  • チョコラBB/ルーセントC
  • 第一三共ヘルスケア/システィナC
  • 富山常備薬/キミエホワイトプラス
  • エスエス製薬/ハイチオールC ホワイティア
  • 武田薬品/ハイシーホワイト2
  • くすりの健康日本堂/ホワイピュア
  • アインファーマシーズ/ロスミンローヤル

美白成分ビタミンC誘導体は経口摂取がおすすめ

ビタミンC誘導体配合のスキンケア用品は、シミ対策や美白を目指すうえで欠かせない成分ですが取り扱いがとてもデリケート。とくに美容液や美容クリームなど肌に直接塗る外用品は、使用方法や保管方法を誤ると肌荒れの原因になってしまいます。

試供品やパッチテストで肌の様子を見たり、保管や使用方法に気を付けたりするのが面倒な方には、ビタミンC誘導体を含む医薬品がおすすめです。

医薬品は基本的に錠剤やタブレット、カプセル状なので、肌刺激の心配や保管の手間なくビタミンC誘導体を効率的に摂取できますよ。