ビタミンE

シミやくすみが蓄積した肌のターンオーバーを促進してくれる美白成分ビタミンEについて紹介しています。シミへの効果、成分の種類、ビタミンEを含む美容液や医薬品をまとめているので、参考にしてみてください。

美白成分ビタミンEのシミへの効果

ビタミンEは脂溶性ビタミン。シミに直接アプローチできる効果を持っているわけではありませんが、長期間摂取し続けることで肌代謝を整えてターンオーバーを促してくれます。

「昔は睡眠を取るだけですぐに治っていたシミやくま、肌荒れがなかなか治らない…」という悩みは、年を重ねるごとに衰えてしまう肌代謝が原因の可能性大。ビタミンEは、時間をかけてシミが蓄積した肌角質ごと浮き上がらせる作用があるので、今あるシミやくまを目立たない薄さやサイズに改善してくれます。

また、ビタミンEは抗酸化作用の強い成分なので、シミへの効果だけではなく、乾燥肌や毛穴の開き、小じわ、たるみなど活性酸素がもたらす老化現象に歯止めをかけてくれるのが嬉しいポイント。シミのない美白肌を目指している方はもちろん、ハリとツヤ、透明感を兼ね備えた若々しい美肌をゲットしたい方におすすめの成分です。

美白成分ビタミンEの種類

トコフェロールとトコトリエノール

ビタミンEの種類を大分類すると、持続性が高いトコフェロールと即効性のあるトコトリエノールという2つのタイプに分けられます。スキンケア用品やダイエット食品などでは主に用いられるのはトコフェロールです。

トコフェロールに分類されたビタミンEは、さらに「α」「β」「γ」「δ」の4種類に細分化されます。抗酸化作用に特化しているのはα-トコフェノールとδ-トコフェノール。そのうち、化粧品やサプリメントなどで最も多く使用されているビタミンEはα-トコフェノールです。

天然由来と天然型と合成品の違い

α-トコフェノールの効果や安全性を見分けるポイントは、名称の頭に記載されている「d」もしくは「dl」の文字。d-α-トコフェロールは天然由来のビタミンEと天然型ビタミンE(酢酸やコハク酸などで安定化させたもの)を意味します。dl-α-トコフェロールが意味するのは石油系の合成品です。

天然由来のビタミンEは効果が高いが安定性が悪い、合成品のビタミンEは抗酸化作用が低いが安定性は高いというメリット・デメリットがあります。

その点、コハク酸や酢酸で安定性をプラスしている天然型ビタミンEは、天然由来と合成品の良いところを兼ね備えているので、コハク酸d-α-トコフェロールや酢酸d-α-トコフェロールを選ぶのがおすすめです。

美白成分ビタミンE配合の美容液

  • ちふれ/美白美容液
  • オージオ化粧品/ビタナリッシュ ホワイトエッセンス
  • ハーバー/薬用白い騎士
  • モイスチュアマイルド/エッセンス
  • リフトモイストイーエックス/エッセンスA

美白成分ビタミンE配合の医薬品

  • 京都薬品ヘルスケア/ミルセリンホワイトNKB
  • チョコラBB/ルーセントC
  • 武田薬品/ハイシーホワイト2
  • くすりの健康日本堂/ホワイピュア
  • アインファーマシーズ/ロスミンローヤル

ビタミンE配合の美容液は、脂溶性ビタミンなので肌の深層部まで浸透させるのは難しいのが現実。短期間でビタミンEの効果を感じたい方には、ビタミンCとビタミンEが配合された医薬品を服用することがおすすめです。

美白成分ビタミンEの摂取方法

2015年に厚生労働省が発表しているビタミンEの摂取目安量は、成人男性6.5mg、成人女性は6.0mg(妊婦の場合6.5mg、授乳期の場合8.0mg)となっています。目安量はそこまで多くないので、普段の食事で栄養バランスを意識すれば補えるレベルでしょう。

おすすめの摂取方法は、ビタミンEとビタミンCを一緒に摂り入れること。ビタミンCは、体内で活動したビタミンEを回復させてくれる働きを持っているので、合わせて摂取することで相乗効果を生みます。

また、ビタミンEは脂溶性で水に溶けにくいため、単体で摂取すると肌内部まで浸透しにくいのが難点です。ビタミンEの働きを肌の深層部まで行き渡らせるためには、油やタンパク質と一緒に摂取しましょう。

美白成分ビタミンEの副作用

現在までに、ビタミンEの重篤な副作用は報告されていません。ただし、万が一に備えて摂取目安量は守るようにしましょう。日本人女性の摂取目安量は1日あたり6.0mg、日本人男性の摂取目安量は1日あたり6.5mgとなっています。

用法用量を守らずに、1日あたり600~800mgのビタミンEを摂ってしまうと、頭痛やかゆみ、骨粗しょう症などの副作用を引き起こす可能性があるので注意しましょう。