シミに結果を出す!おすすめの美白美容液ランキング » 美白ケア選びのためのシミ&美白の基礎講座

美白ケア選びのためのシミ&美白の基礎講座

肌のシミが気になりはじめ、自分に合ったケアを探している…。そんな人にイチオシの美白ケア情報をまとめています。

自分にピッタリな美白ケアを選ぶための基礎講座

「美白ケア」を一言で説明すると、シミの原因となる「メラニン色素対策」のことです。

メラニン色素は紫外線を浴びることにより、体内で生成されます。本来ならば肌のターンオーバーとともにメラニンは体外に排出されますが、メラニン色素が体外にうまく排出されずに残ってしまうと、シミやそばかすとして肌の表面に現れてしまうのです。

このメラニン色素を抑え、肌の表面に現れないように抑制するのが「美白ケア」と言えます。では、美白ケアとUVケアは何が違うのでしょうか?また乾燥肌やオイリー肌では、選ぶべき化粧品も変わってくるのでしょうか?

ここからは「美白」になるために知っておきたい情報を一挙ご紹介します。

必ず押さえておきたい!美白ケアとUVケアの違い

シミ対策に深く関わりのある「美白ケア」ですが、シミを防ぐためには「UVケア」も大切です。市販されている日焼け止め商品には、美白成分が配合されているものも多く、美白ケアとUVケアの違いがよくわからないという人も少なくはありません。

紫外線を浴びた時、メラニン色素の生成を抑えるために必要になるのが「美白ケア」なら、「UVケア」はそもそもの紫外線をブロックしようとおこなうケアのこと。美白ケアもUVケアも、それぞれの役割や発揮できる効果は異なっているのです。

また、地球に降り注ぐ紫外線の中で、私たちのお肌に影響を与えるのが「UV-A波」と「UV-B波」と呼ばれる2種類の紫外線だと言われています。

UV-A波は、しわやたるみの原因になり、UV-B波はシミやそばかすの原因になってしまうのです。これらの紫外線からお肌を守るために、私たちは常にUVケアをしなくてはなりません。

近年では、日焼け止め商品に美白成分が配合されたものが当たり前のように市販されているため、美白ケアとUVケアの混同を招いてしまうのでしょう。ただ、UVケアはあくまでも紫外線対策が目的ですから、美白成分が入っていたとしても「UVケア=美白ケア」にはなりません。

シミ対策にはしっかりとした「美白ケア」が必要なので、UVケアもあわせておこなうよう心がけていきましょう。

美白ケアはどんなことに気をつけて選ぶべき?

美白ケアにはいろいろな種類があり、含まれている美白成分も異なります。人の肌もそれぞれ違ったタイプがあり、適している化粧品や選び方は十人十色です。

自分自身のお肌のケアに必要な化粧品をしっかり把握するためにも、それぞれの肌タイプ別のおすすめケアを紹介します。肌に現れたシミを薄くするためのアイテム探しに役立ててくださいね。

乾燥肌・敏感肌

うるおいが不足で皮膚の表面がカサついている乾燥肌や、肌のバリア機能が弱まった状態の敏感肌は、シミやくすみが現れやすいのが特徴です。

そのため、保湿力が高くて刺激の少ない美白化粧品を選ぶのが一番。ビタミンC(ビタミンC誘導体)やアルブチンなどの美白成分を含みつつ、保湿力にも力を入れているケア化粧品がおすすめです。

オイリー肌

皮脂量や水分量が多く、テカりが気になるオイリー肌(脂性肌)タイプの人は、肌が乾燥していないからと乳液や化粧水などの化粧品を避けがちかもしれません。ただ、オイリー肌のそもそもの原因は「乾燥肌」で、皮脂が足りなかったために皮脂が過剰分泌されてオイリー肌になった可能性があります。さっぱり系の乳液や化粧品で肌の土台を整えておきましょう。

そのうえで、オイリー肌の人におすすめしたいのが、ビタミンCやAHAが含まれている美白ケア。ビタミンCが皮脂の分泌を抑え、AHAが肌のターンオーバーを促してシミを防いでくれます。

ニキビ肌

ニキビ肌の弱点は、放置してしまったニキビ跡が色素沈着を起こしてしまい、シミになってしまうこと。そうなってしまっては、ニキビケアだけではシミは消せません。

そんなニキビ肌で美白ケアを望んでいる人の力になってくれるのが、ビタミンC誘導体です。新陳代謝を促したり色素沈着を防いだりしてくれるため、美白ケアはビタミンC誘導体が含まれているものを選ぶのがおすすめ。

また、ニキビで肌が炎症を起こしている時は肌のバリアが弱まっているため、紫外線が当たると余計にシミができやすくなります。肌に負担をかけない程度にUVケアもしっかりおこなってください。

このように、美白ケアは肌のタイプに合わせて化粧品を選ぶことが美白への近道になります。

さらにシミがまだない、もしくは薄い時なら美白ケアをはじめるのに最適なタイミング。一度できてしまったシミは、時間が経てば経つほど手強い敵になります。

シミが濃くなる前や増える前にケアできていれば、年齢を重ねてもシミは少なく、鏡を見てため息をつく回数が格段に減ることでしょう。

残念ながらすでに目立つシミを抱えている人は、即効性のある美白医薬品での徹底的なケアをおすすめします。治療や予防を目的として販売されているものなので、含有成分の効果や効能はしっかり認められているところが◎。ビタミンC誘導体やL-システインなど、シミに効く成分が含まれて、続けやすい価格設定の医薬品を選べると、シミをいち早く治すことができますよ。

肝斑(かんぱん)は美白ケアできる?

肝斑とは、頬骨に沿って左右対称に現れるシミのことです。30~40代の女性やピルを服用している人、妊娠している人によく見られることから、女性ホルモンが影響しているのではないかと言われています。

少し前まで肝斑は年齢によるもの、そばかすは遺伝的要素が大きいとされ、そのケアは難しいとされていました。予防はできても、できてしまったら改善のしようがないと諦めていた女性も多かったようです。

しかし、最近ではケアや治療方法が広く知られるようになりました。積極的に肝斑やそばかすの治療を受けている女性も少なくありません。

肝斑やそばかすは、一般的なシミ対策で防げるものなのかどうか調べてまとめました。

肝斑のケア&治療法

一般的なシミに比べて、しつこいのが難点の肝斑。通常のシミであれば、レーザー治療やケミカルピーリング、紫外線予防、美白ケア、ビタミンCの補給などでケアおよび治療ができました。しかし、肝斑の場合はUVケアやビタミン補給だけでは足りません。

肝斑を改善したいなら、ポピュラーな治療方法は美容外科や美容皮膚科にかかり、体の内側から働きかける内服治療を受けることです。ただ、即効性があまりないため、塗り薬といった外用療法とあわせて治療をおこなうことが多いそう。

肝斑の治療でよく使われている成分は、

  • 内服治療…ビタミンC、トラネキサム酸、ビタミンE
  • 外用治療…アルブチン、リノール酸、コウジ酸、甘草の油性抽出エキス

などが挙げられます。

また、肝斑の状態によっては、光治療・ケミカルピーリング・ビタミンC誘導体イオン導入などといった外科的な治療法もあります。

そばかすのケア&治療法

目の下や鼻の頭によく見られるそばかす。子どもの頃に現れるそばかすはほとんどが遺伝性のものだと言われていますが、大人のそばかすの多くは紫外線が原因です。紫外線の影響でメラニン色素の生成が促され、色素沈着してしまったものがそばかすになります。

美白ケアは、シミを薄くしてメラニン色素を抑える美白成分「ハイドロキノン」が含まれているものを使うのがおすすめ。治療法としては、美容外科や美容皮膚科で、レーザー手術・光治療・フォトフェイシャル・フォトRF・ケミカルピーリングなどの外科的治療を受けるのが一般的です。

化粧水、美容液…結局はどのアイテムを使えばいいの?

美白ケアとひとくちに言っても、化粧水や美容液など、さまざまなアイテムがあります。高品質なものをライン使いしようとすると予算的に厳しい人も少なくはないはず。

化粧水と美容液、どちらか一方だけに絞るとするなら、どのアイテムを使えば最も効率的に美白ケアできるのでしょうか?

美白化粧水でもシミをケアしたり予防したりすることは可能です。ただ、シミの「改善」まで求めるなら美白美容液をおすすめします。

普段使っている基礎化粧品の中に、美白効果があり、シミを改善できる成分がたっぷり配合された美容液を取り入れるだけでもOK。無理なく続けられる美白美容液を選び、まずは1本使いきってみてくださいね。