シミに結果を出す!おすすめの美白美容液ランキング

本気のシミ対策のために、美白成分&美容液を徹底リサーチしました

第一位

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
トライアルキット4品/1,890円
最強のシミ美白成分、新安定型ハイドロキノンを高濃度配合したドクターズコスメ。敏感肌も安心な低刺激処方なのに、メラニン生成時に働くチロシナーゼ酵素の抑制力は一般的美白成分の約100倍!

販売サイトはこちら

第二位

ポーラ ホワイトショットCX


ポーラ ホワイトショットCX

ポーラが長い年月をかけて開発した美白成分ルシノール(R)を配合。エイジングにごりの原因「黒ずみ」と「黄ばみ」に着目した美容液。ビタミンC誘導体も配合し、肌の奥の真皮層でメラニン色素の生成を抑制します。

販売サイトはこちら

第三位

コスメデコルテ ホワイトロジストスポッツコンセントレイションEW

コスメデコルテ ホワイトロジストスポッツコンセントレイションEW
美白有効成分コウジ酸を保湿成分と合わせた「コウジ酸EW」を開発。肌にすばやく浸透し、シミが生成されるプロセスを無効に。
早いタイミングでシミにアプローチ、メラニン生成を根本からストップさせます。

販売サイトはこちら

美白ケアとUVケアの違い

美白ケアとUVケアの根本的な違いについて解説すると同時に、シミには両方のケアが必要であることも説明します。

シミ対策! 押さえておきたい 美白ケアとUVケア

「シミ対策」には切り離せない「美白ケア」ですが、シミ対策においては「UVケア」という言葉も耳にしますよね。

さて、皆さんは「美白ケア」と「UVケア」についてどう捉えていますか?

市販されている日焼け止め商品には、美白成分が配合されているものも多く、美白ケアとUVケアの違いがよくわからない。

そもそも同じもの? とその役割や効果を間違えている方、混同してしまっている方も多いと思います。

そこでこのページでは、この2つケアアイテムの役割についてもう一度振り返っておきましょう。

美白ケアとは? UVケアとは?

「美白ケア」を一言で説明すると、シミの原因となる「メラニン色素対策」のことです。

メラニン色素は紫外線を浴びることで体内で生成されます。

本来ならば肌のターンオーバーとともにメラニンは体外に排出されます。

しかし、メラニン色素が体外にうまく排出されずに残ってしまうとシミやソバカスとして肌の表面に現れてしまいます。

このメラニン色素を押さえる働き、肌の表面に現れないように抑制するのが「美白ケア」なんです。

一方の「UVケア」ですが、こちらは「紫外線対策」のこと。

地球に降り注ぐ紫外線の中で、私たちのお肌に影響を与えるのが「UV-A波」と「UV-B波」と呼ばれる2種類の紫外線です。

◆UV-A波・・・しわやたるみの原因
◆UV-B波・・・シミやソバカスの原因

これらの紫外線からお肌を守るために行うのが、「UVケア」です。

具体的には日焼け止めクリームなどを塗ることがメインのケアになります。。

最近ではこの日焼け止め商品に美白成分が配合されたものも市販されているので、余計に混乱を招いてしまうんですよね。

が、あくまでUVケアは「紫外線対策」ですから、美白成分が入っていたとしても「UVケア=美白ケア」ではありません。

シミ対策にはしっかりとした「美白ケア」が必要ですが、シミの原因となる紫外線対策のためにも、「UVケア」も心がけていきたいものですね。

それぞれに有効な成分の配合された化粧品を選んで使い分けることで、シミの対策&紫外線対策をして行きましょう。

 

シミにとっておきの美容液!美白Navi

化粧品選びのためのシミ&美白の基礎講座

シミに即効性が期待できる美白美容液を比較

シミ改善に強い味方!美白成分大事典