シミの種類と原因

気づけば増えている顔のシミ。いち早くケアするためには、シミの特性や効果的な成分を知ることが大切です。こちらでは、シミの種類や原因、有効成分を紹介しています。

どのくらい知ってる?シミの種類と有効成分

シミとひとくちに言っても、根本的な原因が違っていれば有効な成分も異なります。肝斑(かんぱん)や炎症後色素沈着などのシミの種類や原因をもとに、どんな成分が有効なのか探ってみましょう。

シミ・そばかす

よく一緒にされるシミ・そばかすですが、厳密に言うとそれぞれきちんとした違いがあります。

シミは紫外線の影響やニキビ跡の炎症など、ダメージを受けたことが原因で現れる症状。シミのもととなるメラニンは、紫外線を浴びたことによって皮膚がんを引き起こさないために生まれます。本来であれば体を守るための役割を持っているメラニンですが、紫外線やホルモンの影響で過剰に生み出されるとシミになってしまうのです。

そばかすは、正式名称を「雀卵斑(じゃくらんはん)」といって、ほとんどが遺伝性によるものです。一般的なシミよりも小さく、頬や鼻周辺を中心に現れます。紫外線を浴びると斑点が濃くなることがあるので、適切なケアが必要です。

シミ・そばかすに有効な成分は?

シミ・そばかすには、メラニン色素の生成を抑え、シミを改善してくれる「ビタミンC誘導体」がおすすめ。また、抗酸化作用があり、ターンオーバー(肌の代謝)を正常化してくれる「L-システイン」が配合されている美白美容液を選べれば鬼に金棒です。

肝斑(かんぱん)

肝斑とは、頬骨に沿うように左右対称に現れるシミで、濃さが均一なのが特徴です。3040代女性に多く見られるほか、妊娠中に現れたり閉経を迎えると消えたりするため、女性ホルモンが関係しているのではないかと言われています。

肝斑に有効な成分は?

肝斑に効果的だと言われているのが「トラネキサム酸」です。紫外線といったダメージを受けると、肌を守るためにメラニンを生成する指令が出されますが、その指令自体を留めることで肝斑を防ぎます。

炎症後色素沈着

ニキビや湿疹、虫刺されなどの炎症がきっかけとなって色素沈着し、シミが現れる症状を「炎症後色素沈着」と言います。炎症後色素沈着は時間とともに消えるケースがほとんどですが、ちゃんと消えるまでに数年かかることも。肌の炎症を引き起こさないために、紫外線を避ける、強くこするような洗顔はしないなどの対応を心がけましょう。

炎症性色素沈着に有効な成分は?

自然に消えるシミなので、ターンオーバーを促進させ、肌を何度も生まれ変わらせることが重要です。ターンオーバーを促進する「L-システイン」といった成分の入った美白美容液がおすすめ。

女子顔面黒皮症(色素沈着型化粧品皮膚炎)

化粧品によるアレルギー反応が原因となって、頬や額などに広がっている強い色素沈着のことです。肌の表面にあったメラニン色素が真皮層に落ち、溜まることで起こります。アレルギー反応の原因物質としては、パラベンやジャスミン油などが挙げられているようです。

女子顔面黒皮症の有効成分は?

アレルギー反応がきっかけになるため、原因物質が何なのかを突き止めることが先決です。原因物質が不明なまま別の化粧品でケアすると症状を悪化させてしまう可能性があるため、まずは皮膚科を受診しましょう。炎症が強い場合は、専門医の指示に従ってステロイド薬を塗ることで症状は落ち着きます。

摩擦黒皮症

肌が何度も同じような摩擦で刺激を受け、メラニン色素が沈着し、黒ずんでしまうことを「摩擦黒皮症」と言います。ゴシゴシと力を入れて洗顔していたり、ナイロンタオルで強く顔をふいていたりするのが原因です。肌にやさしいスキンケアやメイクをするようにしましょう。

摩擦黒皮症の有効成分は?

メラニン色素が沈着することで起こる摩擦黒皮症には、メラニンの生成を抑える「ハイドロキノン」が含まれた美白美容液がおすすめです。肌の再生を助ける「プラセンタエキス」が含まれているものなら、なお良いでしょう。