シミに結果を出す!おすすめの美白美容液ランキング

本気のシミ対策のために、美白成分&美容液を徹底リサーチしました

第一位

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
トライアルキット4品/1,890円
最強のシミ美白成分、新安定型ハイドロキノンを高濃度配合したドクターズコスメ。敏感肌も安心な低刺激処方なのに、メラニン生成時に働くチロシナーゼ酵素の抑制力は一般的美白成分の約100倍!

販売サイトはこちら

第二位

ポーラ ホワイトショットCX


ポーラ ホワイトショットCX

ポーラが長い年月をかけて開発した美白成分ルシノール(R)を配合。エイジングにごりの原因「黒ずみ」と「黄ばみ」に着目した美容液。ビタミンC誘導体も配合し、肌の奥の真皮層でメラニン色素の生成を抑制します。

販売サイトはこちら

第三位

コスメデコルテ ホワイトロジストスポッツコンセントレイションEW

コスメデコルテ ホワイトロジストスポッツコンセントレイションEW
美白有効成分コウジ酸を保湿成分と合わせた「コウジ酸EW」を開発。肌にすばやく浸透し、シミが生成されるプロセスを無効に。
早いタイミングでシミにアプローチ、メラニン生成を根本からストップさせます。

販売サイトはこちら

シミの種類と原因

「シミはなぜできるのか?」をテーマに、シミの種類とその原因について紹介して行きます。

原因を把握してシミ撃退!!

シミをなくそう! シミ改善のためのケアをしよう!

といっても、まずは「なぜシミができたのか?」を把握することが大切です。

そしてその原因を根本から正すことで、本当に効果のあるケアや、シミの予防ができるのではないでしょうか? 

そこで、このページでは最初の一歩として、「シミの種類とその原因」について紹介して行きます。

意外に多いシミの種類、そしてその原因…

「シミ」にも色々な種類があります。日常生活の中で無意識に行っていたことが、実はシミの原因だった!なんてこともあります。

シミをきちんと予防するためにも、シミの種類と原因を知っておきましょう。

紫外線によるシミ・そばかす

もっとも一般的なシミがこれ。生活の中で浴び続けた紫外線が老化によってお肌の表面に現れ、シミになったものです。

シミの境界がはっきりししていて、淡い茶色から濃い茶色まで、さまざまなシミができるのが特徴です。

年齢に関係なく、たくさん日に当たってしまった人によくできるシミで、一斉に現れることもあります。

肝班

女性に現れるシミの多くがこの肝班です。境界のはっきりしない淡い茶色のシミが、主に目や口の周辺に左右対称にでき、額や頬にも現れます。

紫外線と妊娠時や更年期、婦人科のトラブルなど、女性特有のホルモンバランスの変化が原因となってできやすいようです。

炎症性色素沈着

化粧品かぶれや、アトピー性皮膚炎、やけど、ニキビなど、皮膚に炎症が起きたことが原因でできるシミです。

お肌の炎症が起きると活性酸素が発生し、メラニン色素が大量に生成されます。

このメラニン色素が肌に残って、沈着したものが「炎症性色素沈着=シミ」となります。

女子顔面黒子症

女性特有のシミです。

原因としては老化や更年期の影響を受け、卵巣機能に障害が起きた場合にできます。

摩擦黒皮症

ナイロンのタオルなどで肌を強くこすり続けると摩擦で肌のダメージが蓄積されます。その結果できるのがこの「摩擦黒皮症=シミ」です。顔以外のところに出るシミで、治療が難しいといわれています。

 

シミにとっておきの美容液!美白Navi

化粧品選びのためのシミ&美白の基礎講座

シミに即効性が期待できる美白美容液を比較

シミ改善に強い味方!美白成分大事典