シミに結果を出す!おすすめの美白美容液ランキング

本気のシミ対策のために、美白成分&美容液を徹底リサーチしました

第一位

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
トライアルキット4品/1,890円
最強のシミ美白成分、新安定型ハイドロキノンを高濃度配合したドクターズコスメ。敏感肌も安心な低刺激処方なのに、メラニン生成時に働くチロシナーゼ酵素の抑制力は一般的美白成分の約100倍!

販売サイトはこちら

第二位

ポーラ ホワイトショットCX


ポーラ ホワイトショットCX

ポーラが長い年月をかけて開発した美白成分ルシノール(R)を配合。エイジングにごりの原因「黒ずみ」と「黄ばみ」に着目した美容液。ビタミンC誘導体も配合し、肌の奥の真皮層でメラニン色素の生成を抑制します。

販売サイトはこちら

第三位

コスメデコルテ ホワイトロジストスポッツコンセントレイションEW

コスメデコルテ ホワイトロジストスポッツコンセントレイションEW
美白有効成分コウジ酸を保湿成分と合わせた「コウジ酸EW」を開発。肌にすばやく浸透し、シミが生成されるプロセスを無効に。
早いタイミングでシミにアプローチ、メラニン生成を根本からストップさせます。

販売サイトはこちら

肝斑は美白できる?

ケアが難しいといわれていた肝斑やソバカスが、最近ではケアできるようになったことについて解説していきます。

肝斑&ソバカスをケアする方法

少し前まで肝斑は年齢によるもの、ソバカスは遺伝的要素が大きいとされ、そのケアは難しいとされていました。

予防はできても、できてしまったら改善のしようがないと諦めていた女性も多かったようです。

ですが、最近ではケアの方法、治療の方法が知られるようになり、今、積極的に肝斑、ソバカスの治療を受けている女性も少なくありません。

そこでこちらのページでは、肝斑&ソバカスのケアの方法・治療の方法についてお伝えしていきます。

肝斑、ソバカスで悩んでいる方は、是非、参考になさって下さいね!

肝斑のケア、治療法

シミの一種でもあると肝斑ですが、一般的なシミに比べて少々しつこい点が難点です。

一般的なシミであればレーザー治療や、ケミカルピーリング、紫外線予防や美白ケア、ビタミンCの補給で治療、予防ができました。

しかし、肝斑の場合は紫外線のケアやビタミン補給だけでは足りないのです。

美容外科や美容皮膚科にかかった場合、肝斑は、体の内側から働きかける内服治療が最もポピュラーかもしれません。

これらには即効性があまりなく、外用療法(塗り薬など)との併用で治療を行うことが多いです。

◆内服治療/ビタミンC、トラネキサム酸、ビタミンE
◆外用治療/アルブチン、リノール酸、コウジ酸、甘草の油性抽出エキス

上記がよく治療に使われる成分ではないでしょうか。

また、肝斑の状態次第では光治療、ケミカルピーリング、ビタミンC誘導体イオン導入などといった外科的な治療法もあります。

ソバカスのケア、治療法

美容外科や美容皮膚科では、レーザー手術や光治療、フォトフェイシャル、フォトRF、ケミカルピーリングなどの外科的治療が行われています。

自分でケアするなら美白化粧品の活用が一番身近なスタートだと思います。

ソバカスだけでなくシミ対策・予防のためにお勧めされているのが、美白成分「ハイドロキノン」です。

この成分はシミを薄くする効果がある上、メラニン色素を抑える効果が非常に高いのです。

自分でソバカスのケアを考えるなら、「ハイドロキノン」配合の美白化粧品に注目してみるといいでしょう。

 

シミにとっておきの美容液!美白Navi

化粧品選びのためのシミ&美白の基礎講座

シミに即効性が期待できる美白美容液を比較

シミ改善に強い味方!美白成分大事典