ニキビ跡は美白できる?

なかなか消えないニキビ跡…その悩みからあなたを救ってくれる、とっておきの美白ケア成分を紹介します。

ニキビ跡も効く?美白肌になれる成分

ニキビそのものは治っているのに、残ってしまったニキビ跡。お化粧をしてもしていなくても、目立って仕方がなくて困っている…そんな女性も少なくないでしょう。

しつこいニキビ跡の原因は色素沈着。ニキビの重症化で炎症が起こると、メラニン色素が大量に生成されてしまい、茶色っぽいシミのようなニキビ跡として残ってしまうのです。

紫外線によってシミができてしまうのと同じ状態なので、シミに効果的な美白成分によって改善することができます。

では、具体的にどのような美白成分が効果的なのでしょうか?

さっそく、ニキビ跡の改善に効果的な成分をピックアップしてみました。化粧水や美容液を選ぶ時の参考にしてくださいね。

ハイドロキノン

「肌の漂白剤」とも呼ばれるハイドロキノンには、シミやニキビ跡を作り出す酵素を抑制する働きがあります。今あるシミやニキビ跡を抑え、これ以上増やさないようにするという作用があるのです。

これまで、シミやニキビ跡を消すためにはレーザー治療しか方法がありませんでしたが、ハイドロキノンが登場したことにより、レーザーなしでも治療ができるようになりました。

ハイドロキノンは美容皮膚科などでも処方薬として使用されていて、安全が確認された成分と言えます。

甘草フラボノイド

甘草フラボノイドは、生薬の王と称されるほど古い歴史を持ち、世界各国で重宝されてきた成分です。油溶性甘草エキス(グラブリジン)とも呼ばれ、メラニン生成に必要不可欠であるチロシナーゼの活性を抑制してくれます。そのため、シミやニキビ跡をできにくくしてくれるのです。

また、紫外線吸収作用や抗酸化作用もあるので、美肌を目指す女性にとっては嬉しい成分。優れた美白作用があることから、多くのスキンケア製品に配合されています。

L-システイン

体の内側から代謝を促してくれるL-システインは、ターンオーバーの正常化や抗酸化作用といった働きがあり、ニキビ跡やシミを改善してくれる心強い成分です。

ターンオーバーが正常化されることで皮膚のバリア機能も回復します。すると、乾燥による肌荒れやニキビから肌を守ることができるようになるのです。

内側から作用する特性を活かし、基本的には経口摂取します。美白効果のある医薬品には必ずといっても良いほど配合されているのです。

アルブチン

洋なしやコケモモから抽出されたアルブチンは、メラニンの生成を引き起こすチロシナーゼの抑制に効果的な成分です。

肌への刺激が少なく、シミやニキビ跡にならないように予防してくれます。敏感肌の人や乾燥肌の人も、安心して使用できるところが◎。

肌への刺激性があり、浸透性があまり高くないハイドロキノンと同じ作用を持ちながらもアルブチンの安全性は確立されているため、ハイドロキノンとよく比較される成分です。

紹介した美白成分が含まれている化粧品なら、気になるニキビ跡やシミの改善もかなり期待できます。普段のお手入れや自己流ケアであまり効果を感じられなかったという人は、試してみる価値があるでしょう。